首の痛みに関する症状と特徴について 身体の痛み、気にしていますか?

痛みとは

首が痛い・・

人間のからだの仕組みにおいて、重要な働きを持つこの首。普段、生活をしている中で、首の変化や体質による状態なんかを見て行くと、非常に興味深いモノがあります。ヒトの体質、例えば、太っている人や細身の人では、やはり、若干であっても太さも違うであろうし長さも違ってきます。


生き物という観点で話をするならば、キリンのように首の長さでは、引けを取らない生き物から、ワニのようにコンパクトに胴体と頭が、合体している生き物、はたまた、カンガルーのように丁度いい長さの生き物まで、幅広く生息します。


わたしの勝手な解釈で申し訳ないけれど、例えば、サル・クマ・ライオン・ゴジラなどの動物に関しては、すべて戦う事を恐れない。あまり、例えとして好ましくはないけれど、時にひとを襲う事もある。弱肉強食の世界では、強いというイメージが、常に付きまとう生き物であります。


それでも、生まれたての時は、小さくてかわいいんですが。一方で、首の長い動物やもしくは、ない動物は、そこまでの戦うというイメージがありません。キリン・カバ・コアラ等は、まさに、それに当たるのではないでしょうか。つまりは、首の長い生き物、短い生き物には、それぞれに、それ相当の役割があり、きちんと意味を成しているということです。


キリンであれば、高い木の上にある餌をとったり、カバは、水中で餌をとるときに、しっかりとした歯で獲物を捕らえる。続いては、たまにテレビで、首長族のことをやっていますが、あちらに関しては、やはり、その一族の長い歴史や文化の中で、意味があり、云わば独特な体質を持っているのだと言えます。


このように、首とは、別の見解からすると、顔、さらに言えば、脳からの信号をからだ全体に送る為に必要な、からだの一部である事が言えます。そして、ひとは普段の生活の中で、自身の首と向き合っていかなくてはなりません。首と一言でいっても、いろんな役割を果たしています。そんな首に関して、今回は、迫って行こうと思います。

スポンサードリンク